ミノキシジルは効くから副作用があるのです。

ミノキシジルは本当に効くからこそ副作用があるのだと、しつこいほど言ってきました。

私がこのように記述するのには実は根拠があります。

ミノキシジルが配合されている、育毛剤で有名なものがいくつかあるのですが、大手製薬会社がだしている製品を実際につかっている、人が身近にいましてその人はミノキシジル独特の副作用である痒みの症状はでていたのですが、その症状はすぐに収まったようでした。

そして私が驚いたのは、その頭をポリポリとかいていたときの、その人の毛髪の量に驚いたのでした。

あれ、前はてっぺん禿げてなかったっけと私は確かに思ったものです。

そんなこともあってか、私は大手製薬会社が出したその毛生え薬を確かに信用することができたのです。

商標をだすのは難しいのでヒントとして、伏字をして公表したいと思います。

それは○○ップという毛生えくすりで、まさかこの記述を書くことになるまで、ミノキシジルという成分が主成分だとは知りもしませんでした。

まあそんなミノキシジルですが、服用する方はミノキシジルタブレットと呼ばれており、日本の薬局ではおそらく扱ってないと思います。

日本の薬局では塗り薬までは扱っていますが、塗り薬にしても効果があるので、ぜひためしていただくといいと考えています。

副作用の問題に関しても、塗り薬の方は軽くて済むと考えています。

またもう一つのプロペシアはたしか最近日本でも認可が下りたのでどこかで手に入れることができるのではないでしょうか。

副作用にかんしては、ミノキシジルほどではなかったように思います。

確か性欲の減退や勃起不全といった、性的なことにかんすることだったきがします。

これでもずいぶん大事なのですが、まあ命に係わるわけではないのでよしとしたいと思います。

例のミノキシジルタブレットは、脱毛症治療の際に医師により処方されるのが一般的です。

おそらくこれとプロペシアの併用が現状で最強の薄毛治療だと私は考えます。

まさに現代の人はこれから薄毛に悩まない時代の入り口に立っていると言えるでしょう。