ミノキシジルの副作用に関しての覚書

脱毛に関して、ミノキシジルの服用が有効であるということはすでに実証されましたが、実はこのミノキシジルのですが、他の毛生え薬と併用しての副作用は出ないらしいので、他の毛生え薬と併用して使用できるという大きな利点があるのです。

ミノキシジル脱毛治療には有効的な薬と言えるのですが、副作用もあるのでそれほど大量には投与することが出来ません、その点を補ってくれるのが、他の毛生え薬です、ここで紹介するのは毛生え薬の中でも最強クラスの効果があるという、プロペシアという毛生え薬との併用についてです。

ミノキシジルが血流を操作する薬であるのに対して、プロペシアは男性ホルモンをコントロールすることにより、毛髪を薄くする男性ホルモンの働きを弱める効果があります。

もともと男性ホルモンというのは、頭髪に悪い働きをもたらすことがあり、そのコントロールを脱毛治療の医師は研究しておりました。

時に男性ホルモンというのは前立腺がんとも深いかかわりがあり、この時の治療薬として開発が進められてきたのが、フィナステリドと言われる成分です。

この薬品の副作用で患者の毛髪が濃くなることがわかり、研究の末誕生したのがプロペシアです。

ミノキシジルと同じように、副作用で毛髪が生えてきたというのが面白いことです、さらにミノキシジルとプロペシアを併用することで、かなりの確率で頭皮から毛が生えてくることが解っており、現在の薄毛治療における究極の方法だと、世間一般的に認知されています。

この二つを併用しても互いの薬に対しての副作用はでないことが解っています。

ということは、この二つの薬を少量ずつ併用して効果を見る方が、賢い脱毛治療ではないかと、今の脱毛医師の方々は考えているようです。

現在では植毛や、粘着テープでの見かけだけ直すという、ことも視野に入れてもいいとは思うのですが、やはり最終的には自分の髪の毛が生えてくる方がうれしいに決まっています。

私の友人にも若くして薄毛で悩んでいる人がいます。

私などはいっそのこと坊主にしてはどうかと勧めたのですが、髪の毛が薄い人っていうのは、えてしてそれに逆行する修正があるようです。

友人が言うには、本当に薄くなってきたとき、この髪の毛を坊主にしたら、もうこの長さまで戻らないかもしれないのが恐ろしいとのことです。

ということは、もはや私が記述している、このミノキシジルやプロペシアに賭けるしかないでしょう。